top of page

やんばるの森と海とテニス

この大会を企画するに当たり、何かキャッチコピーが必要だと思いました。

普通の大会ではなく、やんばる地域のリゾートでの大会ということが一言で表現できるということで、このコピーに決めました。

やんばるが世界遺産に登録され、ちょうど朝ドラで「ちむどんどん」が放映されていた時期でした。

名護市がやんばる地区にあるということは県外では意外と知られていません。

私も2001年に名護市に移住する前は知りませんでした。

沖縄といえばやはり、綺麗な海が人気があると思います。

夏は海のアクティビティーが盛んですが、沖縄は冬でも色々楽しめることが多いです。

本土とは文化の違いがかなりありますので、沖縄の文化も楽しんでいただきたいと思います。

それで夏季に団体戦を、冬季に個人戦を企画しました。

沖縄の夏はめっちゃ暑いと思っている人が多いですが勘違いです。

東京から来た私などはむしろ涼しく感じます。

気温はせいぜい上がっても32度程度までです。

日差しは強いですが、沖縄は海で囲まれているので、海水が蒸発して雲が発生します。

日差しがカンカンという時間は意外と短いのです。

夏の時期は時折シャワーのような短時間で止む雨が降り、地表の温度を下げます。

それに海から吹いてくる風は、都会のコンクリートの上を吹いてくる風と違い涼しいです。

真夏でも木陰に入ると涼しく感じます。

21世紀の森テニスコートは周りに観客席がありますが、その周りが木で囲まれていて、涼しい木陰で座って観戦できます。

夏の団体戦は応援も大切ですが、快適な環境で応援できます。

ぜひご家族やテニス仲間をお誘いの上、ご参加いただけたら幸いです。


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年冬季個人戦が終了しました

少し風が強く難しいコンディションだったかと思いますが、天気も良く暖かい気候の中で楽しく試合ができたんじゃないかと思います。今回で2度目の個人戦の開催となりましたが、名護という硬式テニス不毛の地で、しかも日本の果てにあるという立地条件の中、初めてこの大会を開催する際には、「名護で大きな大会を開催するなんて無理」という声もあり、地元のテニス仲間でも相手にしてくれない人が多かったです。 しかし、私は名護

2024年 冬季個人戦の準備中で​す

今、来年2月に開催予定のNAGO OPEN TENNIS 2024 冬季個人戦の準備中で、先日市名護役所に企画書を提出しました。参加費に関して質問があり、8月の団体戦の収支報告をしました。この大会の収支は数千円の赤字が出ました。16チーム募集して、6チームしか申し込みがなかったので、無理もありません。 2日間で最低5試合を売りにしているので、普通のトーナメントより参加費は高くなってしまいます。トー

NAGO OPEN TENNIS 人気が出る15の理由

1.【真夏でも暑過ぎない】 海から涼しい風が吹くので、真夏でも32℃くらいまでしか上がらず暑すぎない。 2.【自然豊かなロケーション】 名護は世界遺産に登録された「やんばる」にあり豊かな自然に囲まれている。 3.【観光スポット】 名護市内や、少し足を伸ばせば美ら海水族館など、沖縄を代表する観光スポットが多くある。 4.【海が近い】 大会が開催される21世紀の森テニスコートから徒歩5分で美しい21世

Comentarios


bottom of page